Loading...

セミナー

正匠 隼人の家 Webで新築塾 3限目

 

「家を建てる時に大切な資金計画についてお話しいたします」

家を建てる時、住宅ローンを借りる場合は、自己資金がいくら使えるのか、親から資金援助は受けられるのか、月々いくら支払いができるか、ローンはいくら借りられるか、土地が決まっていなくてもある程度の資金計画をして借入金額の目安を決めましょう。
資金計画は、不動産業者でも出してくれるところがありますが、建築のことが分からないと少なめに資金計画を出されるケースも多々ありますので、可能な限り住宅会社を決めて土地代、建築費、諸経費(各種申請費等)、付帯工事費(車庫、境界ブロック積、フェンス、造園等)の資金計画をしてもらうことが大事です。


家を建てる地域や土地の広さで、諸経費や境界ブロック、フェンスなど、外構工事などの付帯工事金額が変わりますので
広くて安い土地があるからと言ってすぐに購入すると、固定資産税、外構工事費や草取りなどのメンテナンスなど思わぬ費用や労力が必要になったり、維持管理が大変になる場合もありますので気を付けましょう。

土地が決まると全体の資金計画も現実味を帯びてきます。
あとは建物の広さと金額を確定させると全体的な金額が見えてきます。

契約してから、こんなに費用がオーバーするとは思っていなかったという話は良く聞きます。
特に注文住宅、高性能住宅、大手ハウスメーカー、ローコスト住宅で建築費にかなり開きが出ますので、気になる住宅会社がある場合、パンフレットなどの見せかけだけではなく、どのような家を建てるのか、金額は大まかどれくらいかかるのか情報収集をして自分たちの考えやイメージに近い住宅会社を選択しましょう。
気を付けないといけないことは色々ありますが、住宅会社がパンフレットなどで記載している「坪〇〇円からの家づくり」には気を付けた方が良いです。
「坪〇〇円からの家づくり」のからは最低ラインで様々なものが別途になっている場合があり、実際の見積もりとはかなり隔たりがあるというのも良くある話です。
これは、大手ハウスメーカーやローコスト住宅の会社でも同じです。

注文住宅の場合、その住宅会社の基本的な構造、断熱性能、気密性能など以外、お客様との打ち合わせで材料やデザインなどを決めていきますので基本的に坪単価で表現するのは難しいです。
家づくりが始まると、ついつい良いものに目が行きがちになります。
いい物を選ぶと金額は上がりますので自分たちの生活レベルに合った家を選択しましょう。

家づくりが心配な場合、できれば気になる住宅会社と面談をして会社や社員の雰囲気、住宅会社の家づくりに対する思いや考え方を聞いた方が良いでしょう。

土地代金は決まった金額で購入できますが、家は100万円程度の追加工事が出ることは良くありますので、資金計画や住宅ローンの借り入れは余裕をもって行いましょう。

資金計画や住宅ローンの選択、後々費用の掛からない土地の選定方法、正しい高気密高断熱住宅(省エネ住宅)の造り方など詳しいことを知りたい方は、弊社で「失敗例に学ぶ・暮らしを整える」家づくり個別セミナーを随時開催しておりますのでご予約の上ご参加ください。

Follow us!
正匠
〒899-5414 鹿児島県姶良市深水451−1

お客様専用フリーダイヤル

0120-016-888(鹿児島県内のみ)

TEL 0995-64-5595

FAX 0995-66-1108

2021 -2022 正匠.

モデルハウス見学ご予約
お問い合わせ TEL:0995-64-5595